冷めたラーメンと壊れたリモコン

皆さん、「麻婆豆腐」に関して考えてみないかい?険しい顔するほど難しいことじゃないと思うんだよ、「幻」については。
フレーム上

陽の見えない祝日の朝にカクテルを

子供の4歳の誕生日が近くて、誕生日プレゼントを何にしようかを考えている。
嫁と相談して、体で遊ぶおもちゃか知育玩具か洋服などにするかを決めようとしている。
考えるがなかなか決められないので、ものを見に行って選ぶことにしたけど、これだというものがない。
だけれど、子供に見せてみたら、以外とあっさりと決まった。
トンネルの遊具に一生懸命になったので、それに決めた。
ただ、今のアパートが狭いので、一番小さなコンパクトなものに話して決めた。
価格もわりと安かったので、よかった。

湿気の多い木曜の昼に友人と
仕事で関わった女の人がいる。
少し変わったイメージで、トークの内容がどれも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
保育士免許、潜水士の資格、小型船舶の免許。
TOEIC800点、漢字検定準1級、元スチュワーデス。
公認会計士まで取得しているとうわさ。
さすがに公認会計士の件を親友に話してみたところ、君の勘違いもあり得ると思う、など言われたけれど。
彼女は、かなり年上の上司と結婚し退職していった。

風の強い平日の明け方に焼酎を

明日香は、大学ですぐ打ち解けた親友だ。
彼女の素敵なところは、おおらかで細かい事は気にしないところ。
私の方から、今日から友達になろうと話かけたそうだが、記憶にないけど、そうだと思う。
一緒にいると、問題は単純化されるので、とっても楽に生きれる。
シャープな印象で華奢なのに、夜中にハンバーグを注文しに車を走らせたりするという。

気どりながら体操するあいつとぬるいビール
旅でも仕事でも、韓国への渡航回数が多い。
縁が深いのは、日本から近い釜山。
観光ももちろんだが、女の人は韓国製化粧品やネイルなど興味を持っている方も多いのではないだろうか。
韓国の人見た目、つまり外見を磨くことへの力は強い。
就職や、結婚の際に、日本に比べてあからさまに判断するシーンが多いという。
よって、韓国のスキンケアなど、美容成分が日本の物より多く含まれているらしい。
なので、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待してもいいだろう。

一生懸命お喋りするあいつと俺

北方版水滸伝の人間くさく男気熱い登場キャラクターが、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主要なキャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側の登場キャラクターも人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
作中人物に実際の人の様な弱さが見えるのも重ねて、心を奪われていた理由だ。
弱いなりに自分の目標とか将来の為に出来る限り悪戦苦闘しているのが読みふけっていて夢中になる。
読みあさっていておもしろい。
それなのに、心ひかれる作中人物が悲しい目にあったり、夢がなくなっていく描写も胸にひびくものがあるから魅了される大衆小説だ。

泣きながら話すあの人と冷たい雨
読書をするのは域外の一つだけど全ての本が好きなはずはない。
江國香織の文章に凄く魅力を感じる
もう長いこと同じ小説を読み続けている位だ。
登場人物の梨果は、8年を共にした恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、そのきっかけの華子と同居するようになるという少々変わった話だ。
とにかくラストは衝撃的で、大胆な形だがそれを知ったうえで内容を思い出すと「確かに、そうなるかもしれないな」という感じがする。
そして、何よりも江國香織は言葉のチョイスや登場させる音楽や、物などお洒落。
ミリンダが出ればミリンダを飲みたくなるよう書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽が出ればついCDをかけてしまう。
言葉選びの方法が上手なのかもしれない。
それに、ピンクグレープフルーツそっくりの月...という文がどこから浮かんでくるのだろう。
文章に魅力を感じ、夜中に何度も同じ江國香織の本を読んでしまう。
好きな小説との深夜の時間が夜更かしの原因かもしれない。

湿気の多い大安の朝はお菓子作り

大学生の時、株の取引に好奇心をもっていて、購入したいとおもったことがあったけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードにも好奇心があったのだけれど、しかし、頑張って稼いだ貯金があっさりと減るのが嫌で、買えなかった。
証券会社に口座は開設して、貯金から動かして入れて、クリックを押すだけで買える状態に準備までしたけれど、怖くて購入できなかった。
汗水たらして、働いて稼いだお金だから、いくら人から見たら少額でも大きく減ってしまうのは恐怖だ。
けれど一回くらいは買ってみたい。

どしゃ降りの水曜の早朝に外へ
「間違いなくこうで当然だ!」と、自分の価値観のみで周りを見極めるのは悪ではない。
けれど、世間にはジェンダーと言われるものが人の周囲に漂っている。
この事を考慮すれば、自信を持つのは良いけれど、あまり反対するのはどうなんだろう?と考える。
これ、個人の考えでしかないんだけれど。
生活しにくい世間になる可能性のあるかもしれない。

よく晴れた日曜の明け方は昔を懐かしむ

珍しく心が折れそうな状態になってしまい、何をしていても集中できなかった。
これといった原因がないし、ふとした拍子に物悲しくなったり、今までの事が無駄なことに感じられたりした。
そんな感じになっていても、外に出る仕事がはいった。
コンテンツは結構大きな外での催し物で立派な案件だった。
情緒不安定を理由にしてはいけないと思い我を忘れてしっかりこなしているうちに、普段のポジティブな気持ちに戻ってきた。
気付いたけれど苦しかったときは、外出してお日様の光を浴びようと思ったりしなかったんじゃないか。
夜間はさけて活動するのも良い事かもしれないと思うようになった。

息もつかさず跳ねる彼とファミレス
今季は、海水浴に行っていないが、時間があればめっちゃ行きたい。
現在、ひとり娘が小さいので、海には入らせないで砂遊びぐらいでありながら、きっと喜んでくれるだろう。
だけれど、現在、オムツをはいているから、周りの人の事を思ったら海に入れない方がいいと思う。
プール用オムツもあるが、自治体によっては議論になっているらしいので。


フレーム下 class=

サイトメニュー


Copyright (C) 2015 冷めたラーメンと壊れたリモコン All Rights Reserved.

ページの先頭へ